【1/30大阪★第一弾】紙ものブランディングを考える講座

こんにちは、印刷ものコンシェルジュ壬生スワンです。スワン、このたび1/30~2/3まで、関西に上陸いたします。★第一弾、1/30(土)マツドアケミ先生とのコラボ講座のご案内はこの記事ですこの記事です!!
第二弾、2/1(月)兵庫県伊丹市内 CASAリメイク作家Tammyさんとの超プライベートコラボ講座のご案内は、本日23時に申込詳細記事アップ予定!!★第三弾、2/2(火)【満席御礼!キャンセルまち】高槻市スタジオおててくらぶさんでの特別講座、懇親会については、キャンセル待ちとなりました。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーブランディングは人任せでないことはわかっていても、一人でやっていると、時々これでいいのか、不安になりますよね。だれか、いい感じに作ってくれないかなーだれか、あなたはこれよ!とズバリ教えてくれないかなーそういう気持ちになったり。例えば、その段階で、我々に、紙のお仕事の依頼がきます。我々は紙ものやとして、形にするために、誰に向けての商品ですか、どのぐらい売りたいですか、一番の売りはどこですか?どこで売る目標ですか?どんなところで使われますか?などなど、しつこいほど、インタビューします。

その段階で、あきらめてしまう方も、正直、います。うわ、紙もの頼むだけなのに、めんどくさ!と思うのかもしれません。しかし、目的を持って発信しなければ、それはあなたの商品とかけ離れたものができてしまうかもしれない。あなたのプロデューサーは、誰でもない、あなた自身なのですから。とはいえ、、、モヤモヤ期に、形にしなければならない段階もありますよねもちろん、私は思いつくままに色々と提案はしてゆきます。ただし、それはモヤモヤ期の段階での提案であり、お客様とのブランディングのズレができれば、どんなに我々がベストをつくしたものでも、働かない、使えない販促ものに、いつでも様変わりしてしまいます。働かない紙ものを作ってしまうのは、私たち紙ヲタにとって、なによりつらいことです。ぐすんまずは、自分の中でブランディングを確実にしておくこと。それはきっと、よし、私はこれで勝負にでるぞ!という「覚悟」に通ずることなのかもしれません。その上で仕上がる販促ものは、きっと自分にしっくりと、ぴったりとくるものになると思います。紙ものを作るって、そういうことです。そんな紙ものをつくるために必要なことってなに?少しでも効果的な販促ものを作るには、どんな要素がある?そんな話を、今回の講座のために特別に作ったワークシートにそって一緒に考えていきましょう。講座が終わったときには、あとはその紙をもって、各々のデザイナーさんへこのままお願いするのみ、印刷会社に提出するのみとなっているはずですよ!^^ということで、はじめての大阪での講座は、ブランディングのプロ・マツドアケミ先生と紙ものコンシェルジュ壬生スワンのコラボセミナーです!まずはしっかり自分のブランドについて向き合って、どんな販促物をどういう目的で作るのかを整理して、自信の持てる紙ものブランディングを叶えていきましょうお申し込みはこちらのページです


手仕事職人さんのための紙ものユニット
スワンペラペラファクトリー
Facebookページはこちらです^^

関連記事

コメント5件

 Lonnie | 2017.08.19 17:46

cheapest levitra generic
vardenafil
generic levitra cheap

 Chara | 2017.08.24 19:51

safest online blackjack
online casino for us players
virtual world casino

 Elmer | 2017.08.25 19:13

cialis buy london
generic cialis online
cheap-cialis.net

 Micah | 2017.10.03 23:24

order viagra online nz
order viagra usa
viagra cheap online no prescription

 Johnie | 2017.10.10 16:33

cheap viagra uk buy
viagra 100 mg
viagra cheap alternatives

Comment





Comment