紫。その色、リスキー。 - SWAN PELAPELA FACTORY

紫。その色、リスキー。

紫。むらさき。purple。
実はこの色には、
リスキーカラー部門の優勝トロフィーを
ブラックスワンから勝手に捧げております。
{FEA8B185-1FB2-44E2-935B-31E6768EFE28:01}
いいですか、奥さん。
特に文字やロゴに使う場合、紫は、さらにリスク高い奴なんです。
今すぐ別れちゃいなさい。byもんた
いえ、紫を否定しているわけではござんせん。
{FA84A519-8B0A-44C4-AF45-C39EB9DD6D8D:01}

私も上品な紫、好きですし、
メガネ紫だし、
成功している紫には、この上ない気品を感じます。
醤油も好きです。
紫にも、いろんな紫がございます。
{2426F91D-DE24-48E1-890F-DFA5C043DDB7:01}

さて、紫のプラスイメージをだしてみてください。
花に例えたら、
ラベンダー、んん香り~
スミレ、可憐だわ~
パンジー、愛嬌ある~
藤、日本美人~~
素敵な色ですよねニコニコ
{41C7BC38-631E-4C68-BBB3-83D1276FF7A7:01}

高貴、気高さ、落ちつき、ムード、
儚さ、可憐さ、憧れ、、、

そんなイメージもあってか、
紫の文字、使う方多く見られます。
もちろん、絶妙な紫で、素敵にまとめている方もいます。
が、ぶっちゃけ、です。
紫は、懐深い色だなあと感じます。
だからこそ、ちょっと間違ってしまうと、
マズイ方向へ傾いてしまう危うさも含みます。
マズイ方向へ傾いていると、途端に素人ぽさが出てしまいやすい。
{04F36ADB-8829-49B5-A7A1-B19D7F95739D:01}
では、あえて、
紫のマイナスイメージを考えてみてください。ドクロ
昭和の不良が好んでいたこと。
ネオン街のお姉さんといえば紫。
落ちつきや、懐の深さや、趣きは、
一歩間違うと
お年寄りや法事を連想。
気高さや華やかさは、
一歩間違うと、
突き放すようなイメージにもなりかねないこと。
その紫、大丈夫ですか。
紫をどうしても使いたい時には、
沢山色んな紫を研究して、
第三者の意見もきいてみてくださいねラブラブ!
音譜明後日9/27は、横浜にて久々のブラックスワンカフェでございます。
ダメダメリーフレット、イケてるリーフレット、沢山持って参ります😜
ギリギリガール大歓迎‼️まだまだ間に合います‼️
お申し込みはこちら☆
詳細
音譜10/9 札幌でのブラックスワンカフェのご案内はこちらですよ~~☆
2015-09-25 | Posted in ├ 色のことNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment