名刺にご注意!!

名刺交換にご注意!

作家さんは、事務所住所がご自宅という場合がほとんどです。

名刺とショップカードの違いがわかっていなくて、
名刺を配布用にイベント会場に設置していた、という作家さんがいました。

ある日突然、自宅にピンポーンと見知らぬ人が訪ねてきました。
「ずっとブログでフアンでした。いつもコメントしている○○です!」

その方は悪びれることもなく、近くまできたので寄ってみました、と仰ったそうですが、
到底怖くなり、ご主人と対応をしたそうです。

こういうお話は、自分にはおこらないと思っていませんか?
このお話を教えてくれた方は、そう思っていたそうです。

IMG_0375

 
 

名刺にたくさん情報を入れすぎる問題。

これはSPFの考えですが、ビジネス名刺は極力シンプルに仕上げるのがよいと思っています。
書けば書くほど、情報を盛り込むほど、本当に伝えたいことがもやけていきます。

シンプルにお相手に、自分が何者かわかっていただく というのが本来の目的です。

名刺で表現しましょうという考えも確かにありますが、
よっぽどビジネスとして成立している人以外には、正直、世間の風はそんな名刺に冷たいです。

表現がしたい!と思うなら、ショップカードでいくらでもできます。
ここが、名刺とショップカードの使い分けの特徴でもあります。

また、どうしてもやりたい!というなら、いっそのこと名刺のことは忘れて、
名刺サイズのリーフレットのつもりで作るといいと思います。

13451033_522429897961645_1640101954_n
このぐらいの情報なら、スムーズに読める。

 

 

名刺に何を入れたらいいの?

■会社名(屋号)
■肩書き
■氏名
■住所
■電話番号
■メールアドレス
■URL

これがスタンダードかと思います。
ロゴがあるなら、
■ロゴマーク

■キャッチコピー
を入れる場合もありますね。

作家さんで多いのは、
■作品の写真

しかし、ここで使う写真は、これが代表作!と自信を持って出せる写真であるべきです。
写真の影響は大きいので、写真に自信がないときは、むしろ入れないほうがいいこともあります。

印刷では色が、画面で見るより数倍暗く出力されるので、明るく撮るのが難しければ
プロに撮ってもらうのが理想です。

 

 

ショップカードに何を入れたらいいの?

業種により人それぞれですが、シンプルに考えると、

・どこにいけば詳しい情報が見れるのか
・問合せしたいときの連絡先

この2つがあればいいと思うので、

■屋号
■写真やイメージ
■HPやFacebookなど情報を得るためのURL

極端にいうとこれだけでもいい。他には、

■店舗の場合は地図などの情報
■連絡先メアド

を入れてもいいと思います。

13436159_522429904628311_719426215_n
同じ作家さんのものです。左側は完全ビジネス名刺(片面モノクロ)、右側はショップカード。(表/写真・裏/情報)

 

 

名刺は手渡し、ショップカードはテイクフリー

以上の注意点を踏まえ、両者の大きな違いはズバリ、これです。

名刺は相手のお顔を拝見しながら、相手の名刺と「交換」することが条件です。
シンプルに、「取引ツール」として使います。

ショップカードは、会場に設置をしたり、交流会やはじめましての人に、気軽に渡したり、
イベント会場に設置をして、広く知っていただくために「販促ツール」として使います。

お名刺を配りまくり、配り歩くのは、企業にいる人。
そうでない場合、名刺を配るときには、個人情報がつまっていることをお忘れなく。
 

 

【SPF1周年記念感謝祭★鼻血名刺キャンペーン中!】

■割引期間:6/8ー6/18までにお申し込みの方

■納期:約1ヶ月
※先着順となるため、混雑の場合にはもっとかかる可能性もあります。ご了承ください。

■印刷代は別途かかります。

■割引料金:デザイン制作の通常料金は、 18,000円ですが、

 ◆初SPFの人 14,000円
 ◆SPF経験者で初名刺 12,000円
 ◆リピーター名刺増刷(変更なし)手数料50%引き
 ◆リピーター名刺修正あり増刷 修正料50%引き

■割引条件
完全原稿、完全データが手元にあること。
とは↓

・写真を使う場合、使う素材が手元にあること
※数枚の中からおまかせで選んでください、というのはオッケーです。

・名刺に入れたい内容が決定していること
※メールアドレス、肩書き、URL、住所などの情報のことです。今回の記事を参考にしてください。

<こんなのあり>
○ デザインおまかせしたいです
 ⇒はい、作戦会議をしますので、そこでスワンと一緒に考えましょう!
○ 肩書きはあるけど、入れた方がいいか、入れない方がいいか悩みます
 ⇒ご相談にのります
○ 私の場合、資格を全部入れたほうがいいですか?
 ⇒ご相談のります
○ ただいま独自ドメイン取得中。7/○日にとれます!
 ⇒では先にデザインだけ進めておきましょう!

<こんなのなし>
× 肩書きが決まってないけど入れたい
 ⇒決まってからご注文ください
× 私の肩書き、何がいいですか
 ⇒ご自身でお決めください
× 何か入れたいんですけどいい感じの一言ないですか?
 ⇒原稿は決めてからお申し込みください。
× 私のキャッチコピー何かいい案ありませんか?
 ⇒原稿、コンセプトは決めてからお申し込みください。
× デザイン案、2、3出してもらえますか?
 ⇒料金外です。

※法人様については料金体系が異なるため、別途ご相談ください。

お申し込みはこちら!

2016-06-12 | Posted in デザインについてNo Comments » 

関連記事