名刺についての”厳しい意見”から学んだこと。

嫌われる名刺ベスト3

SPFが何故、名刺は「なるべくシンプル」をオススメするか。
それには、深い理由がございました。

私がこのお仕事をするようになってから、これが知りたくて、知っておかねばならないと思って、
様々な企業人に、手持ちのいろんな名刺を見せて、率直に意見をいただきました。

勉強になった厳しいご意見、あえて「嫌われる名刺」というタイトルで、
結果のベスト3をここに発表します!

 

 

第3位 文字と写真で埋め尽くされている

このご意見多かったー。

「名刺は読みものではない!」
「どれがおまえの名前なんだ!と突っ込みたくなる」
「そういうのはあえて読まない」
「この人なんかめんどくさっと思っちゃいます」

厳しい、、、冷たい、、、耳が痛い、、、でも納得。

分析してみたのですが、どうしてもあの小さな紙面に、思いの丈を詰め込もうとすると、
文字を小さくせざるを得ない ⇒ここがどうもネックらしい。
ワタクシのような老眼ですと、読もうという気が失せますもの。

私がこのご意見から学んだこと。

・適切な文字の大きさ
・適切な行間や余白の大切さ

 

 

準優勝 屋号が読めない、わかんない

「何屋なんだかさっぱりわからん」
「長い、複雑すぎて絶対憶えられん」
「この作品と合ってない」

などなど、意外にも他人んちの屋号に口出しする人が多かったのには、正直驚きでした。
しかし、それだけ、屋号って注目されるんですね。

「屋号ついてない方がわかりやすい」という人もいます。
例えば、 ○○作家 名字 名前
それだけで十分なんじゃないか、というご意見もありました。

「他人にゃ意味がわからなくてもインパクトがあればいい。憶えてもらえればいいのだから。」
という先輩もいらっしゃいましたよ。
FullSizeRender
※木寅さんというお名前そのものがインパクトがあるため、そのまま屋号に。

さて、私がこれらご意見から学んだことは、

・屋号はインパクトや、読んだ時の音感も大切
・作品やその人に合ったものをつける
・つけない選択肢もある

 

 

優勝 名刺入れに入らない!または小さすぎる!分厚っ!

実は、圧倒的にそのほとんどがこのご意見でした。
特に、大きさと形には、皆さん厳しい!!!!

「名刺入れに入らないのは致命的です」
「ジャマなので即捨てます」
「自分だけ目立ちたいってのがバレバレで嫌い」
「他者のことを考えてないんだなーという印象しかありません」

なんだか悲しくなってきました、、、

形については、そのほかにも、
「角丸や欧文サイズは、ナイトクラブを彷彿させる」
「一昔前の個人タクシーの名刺を連想させる」

というご意見も。
欧文サイズにするなら、角丸やめた方がよさそうです。

そして、分厚さにも厳しかった!
「それでなくても名刺入れパンパンなのに、入らなくてイライラします」

わーん(涙

ビジネスマンの命は、名刺入れ!
名刺入れに入らない、名刺入れを占領するような名刺は嫌われるわけです。
分厚ければよいってもんじゃないんですねー。

意外にも紙のペラペラ度について言及する人はほぼいませんでしたが、
紙質には厳しかった。特に和紙など、柔らかく滑りが悪いもの。

「名刺入れに入れづらい」
「柔らかすぎて、なんか名刺入れがおかしいと思ったら、底でぎゅーとなってたことがある」

というご意見、二人だけでしたが。

ということで、ここでも学んだこと。ビジネス名刺は、

・一般的な大きさ、重量感
・スムーズに相手の名刺入れに入ること

つまり、これまでの答えを総合すると、
なるべく一般的なシンプルなものが嫌われにくい、という結論に至ったわけでございます。

その中で、オリジナリティを出せるショップカードとの使い分け、
兼用してもうるさくなりすぎないような名刺を作ることが無難、というところに着地した、というお話でした。

IMG_3939

はてさてあと24時間ちょい。
鼻血ビジネス名刺のお申し込みはまだまだ受け付けておりますよ!
こんなんでもいいですか?的なお問合せも大歓迎です!

 

 

【SPF1周年記念感謝祭★鼻血名刺キャンペーン中!】

スワンペラペラファクトリー1周年記念
名刺キャンペーン鼻血大出血は、申込〆切は明日、6月18日23:59までです。

■割引期間:6/8ー6/18までにお申し込みの方

■納期:約1ヶ月
※先着順となるため、混雑の場合にはもっとかかる可能性もあります。ご了承ください。

■印刷代は別途かかります。

■割引料金:デザイン制作の通常料金は、 18,000円ですが、

◆初SPFの人 14,000円
◆SPF経験者で初名刺 12,000円
◆リピーター名刺増刷(変更なし)手数料50%引き
◆リピーター名刺修正あり増刷 修正料50%引き

■割引条件
完全原稿、完全データが手元にあること。
とは↓

・写真を使う場合、使う素材が手元にあること
※数枚の中からおまかせで選んでください、というのはオッケーです。

・名刺に入れたい内容が決定していること
※メールアドレス、肩書き、URL、住所などの情報のことです。今回の記事を参考にしてください。

<こんなのあり>
○ デザインおまかせしたいです
⇒はい、作戦会議をしますので、そこでスワンと一緒に考えましょう!
○ 肩書きはあるけど、入れた方がいいか、入れない方がいいか悩みます
⇒ご相談にのります
○ 私の場合、資格を全部入れたほうがいいですか?
⇒ご相談のります
○ ただいま独自ドメイン取得中。7/○日にとれます!
⇒では先にデザインだけ進めておきましょう!

<こんなのなし>
× 肩書きが決まってないけど入れたい
⇒決まってからご注文ください
× 私の肩書き、何がいいですか
⇒ご自身でお決めください
× 何か入れたいんですけどいい感じの一言ないですか?
⇒原稿は決めてからお申し込みください。
× 私のキャッチコピー何かいい案ありませんか?
⇒原稿、コンセプトは決めてからお申し込みください。
× デザイン案、2、3出してもらえますか?
⇒料金外です。

※法人様については料金体系が異なるため、別途ご相談ください。

お申し込みはこちら!

2016-06-17 | Posted in デザインについてNo Comments » 

関連記事