印刷紙の選び方。

ハガキサイズと名刺サイズのセット。
15933942_620330408171593_855554976_o
キット販売に入れる説明書兼リーフレットと、お教室に通ってくださる方のスタンプカード。

商品はやさしい素材を使っていらっしゃるので、
リーフレットにはアラベールという紙を採用してナチュラル感を出してます。

15878318_620330441504923_2004806945_o
スタンプカードについても、アラベールはスタンプを押しやすく、
インクが沁み込みやすいので、おそろで一石二鳥。

今日は、紙の選び方のポイントです。

 

オンデマンド印刷で、紙の選び方がわからない

紙の種類は、この世に沢山ありますが、
オンデマンド印刷で取り扱われている紙はある程度、種類が決まっています。

13931583_545842635620371_56956385_o

その中でも、紙の種類をまあまあたくさんもっている印刷会社と、
紙の種類をあまり選べない印刷会社があります。

激安!!といっているところは、たいてい、紙の種類が選べません。

・コート紙
・マットコート紙
・上質紙

から選べ。みたいな所です。

また、紙の種類をたくさんもつ印刷会社でも、
名刺だと選べるのにチラシだと選べない!ハガキサイズだとあるのに、名刺サイズだとない!

など、大人の事情もございます。
そこんとこ、よーく観察してみてください。

紙ひとつにしても、表現できるわけなので、
安いからといって、同じ印刷会社さんを使い続けているのは、もったいないです〜

 

印刷の紙、何を基準に選べばいいの?

紙選びのポイントは、

1、紙の種類(質感)
2、紙の重量(厚み)
3、紙の値段

紙の種類や厚みについては、使う場所と目的をハッキリさせてから選びます。
その上で、予算とにらめっこです。

 

紙の質感って、何を基準に選べばいいの?

冒頭の例のように、取り扱っている商品に合わせた紙質を選んだり、
使う目的によって、紙を選ぶことは、大切なことです。

SPFでは、どんな場所で、どんな風にその印刷ものが使われるか、をよーく伺った上で、

・機能性
・イメージ

によって、紙を選びます。

 

スタンプカード、メッセージカードに向いている紙は?

14971480_592757860928848_654532838_o
例えば、スタンプカード。

コートがかかっているようなツルツルの紙では、
ボールペンでは書けるけど、エンピツでは書きづらく、水性ペンだとNGですよね。

スタンプを押しても、なかなか乾かず、あちこちについてしまい生徒さんにもご迷惑です。
カード一つでもお客様、生徒さんへの配慮は必要。

すぐにメチョメチョに四隅が折れてしまって見た目が汚い、
ペラペラすぎて、財布から取り出しにくい、などについては
重量(厚み)を十分に備えておきましょう。190kg以上はほしいところです。

スタンプカードには、アラベールや最高級上質紙、ケントなど、
インクを吸いやすい無垢に近い素材を採用するとよいです。

ただ、これらの紙はほんのちょっとだけ高い可能性があります。

 

屋外など、環境に強い紙は?

逆に、湿気の多い所や屋外で使うなら、各種コート紙。

外に設置することが多い場合や、レストランなど常に油と湿気があるような場所は、
無垢より丈夫な、コート紙を選ぶとよいですね。

コート紙とは、紙の上に一枚テカテカする素材を纏わせたような加工紙です。

普通のコート紙なら、お値段も一番お手頃なので、大量配布するものに向いていたりもします。
というのも、コートの種類も、いろいろあるのです。
コート素材によっては、とっても高いので、お気をつけあそばせ。

あ、それと、片面コートは湿気で丸まりますので、お気をつけあそばせ。

コートの種類も、大きくは、テカテカしてるもの、テカテカをおさえたものに分かれます。

テッカテカのものは、高級感、先進的な感じがします。

テカテカをおさえたマットコートは、
テッカテカのコートよりも少し柔らかい感じになります。

加工紙も劣化はしますけれど、アラベールや上質紙などよりは”もち”が違います。
紙も用途と予算によって、選ぶクセをつけましょう!

本日ご紹介したリーフレットは、たたむとハガキサイズになる蛇腹折りリーフレットです。
15909368_620330448171589_897758678_o

15909385_620330414838259_30851933_o

おしゃれでシンプル。大人のソーイングができる
「手作りひとてまの会」さんのホームページはこちら。

 

 

【もうすぐ終了】1/10まで!鼻血CP★ハガキサイズのあれこれ♪

片面なら、名刺制作と同じ18,000円の鼻血価格。
両面リーフレットでも、21,000円で承ります。

お申込期限は1月10日まで。

まずはお申込をいただいて、その後の作戦会議までに以下をご用意いただけるのが条件です。

・原稿(何を紙面に入れたいか、URLやキャッチコピー、文章など)
・ロゴがあればロゴデータ
・写真を入れたければ写真データ(入れなくてよい場合には要りません)

何を作るべきか迷っていて相談をしたいということでしたら、その旨備考欄におかきください。

<ハガキサイズでできるもの例>
・お手軽リーフレット
・取説、注意書き的なもの
・ショップカード
・一筆箋、サンキューカード
・小さな看板用のPOP(毎回手書きしなくてすむ!!)
などなど

さらに!!!
ハガキサイズにお申込いただいた方は、
1/11から始まる、鼻血CP第三弾★名刺サイズ企画を後から申し込むと、大変お得
になっております。どうぞご検討ください。
お申込ページはこちら 

お待ちしておりますペラ〜

2017-01-06 | Posted in 自分で作りたい!, 制作事例, 教室・お稽古, 紙の選び方Comments Closed 

関連記事